お祝いの時だけではなく、お悔やみの時にも花は役立ってくれます。ですがお祝いの時と比べると、気を使わなければならないことが多いです。お祝いの場合、基本的に嬉しいことなのでどのような花でもそこまで問題にはならないのですが、お悔やみ用の場合、基本的に白を基調にしたものが常識です。

白上がりと呼ばれる白一色の花が基本で、通夜、葬儀、法要等で贈るのものになります。どのような物であれ、基本的に白上がりになるのですが、お彼岸のように時間が経過しているものであれば多少色が入っているものでも良いのですが、匙加減が難しいのであれば白上がりの花を選んだ方が無難です。

フラワー電報としても贈れますが、その場合、メッセージもお悔やみの気持ちを表すようにしましょう。お祝いのフラワー電報であれば、多少砕けたメッセージであっても問題ないのですがお悔やみの場合はどうしても神聖な場になりますのでそれ相応の礼儀も必要になってくるのです。

なんでも良いのではなく、状況に応じたものが求められるようになりますので、フラワー電報をお悔やみで役立てる際には花の種類とメッセージの言葉づかいに気を付けるようにしましょう。あくまでも礼節としての気持ちが大切です。

Comments Are Closed!!!